『変化のためには、目先の結果を我慢する意思が必要である』

 

 

より高い目的を目指し、

そのために目先の結果を

我慢する意思がなければ、

変化を遂げることはできない。

(「7つの習慣」、スティーブン・R・コビー)

 

 

過去の延長では、

変化を起こすことはできません。

変わるためには、

これまでの惰性を断ち切る覚悟が必要なのだと思います。