『生き方』

今日は「生き方」についての格言です。

 

〇「人間の持ち時間には大差はない。問題はいかにして深く生きるかである。」

 

〇「人生は挑まなければ、応えてくれない。うつろに叩けば、うつろにしか応えない。」

 

〇「背伸びして視野をひろげているうち、背が伸びてしまうこともあり得る。それが人生の面白さである。」

 

〇「大人が一年間ムキになってやれば、たいていのことはりっぱな専門家になれます。」

 

〇「人間の言葉は、所詮語るその人の世界しか語らない。」

 

城山三郎、小説家。『男子の本懐』、『指揮官たちの特攻』、『逆境を生きる』)

 

「言葉」には、その言葉を語る人の「生き方」が反映されます。

人の心に響く「言葉」の裏には、その言葉を語る人が歩んできた困難な道が

あるように感じます。

 

広告を非表示にする