『孤独』

今日は「孤独」についての格言です。

 

◯「あなたの心が正しいと思うことをしなさい。どっちにしたって批判されるのだから。」
 (エレノアルーズベルト、米国のファーストレディ・人権活動家。「世界人権宣言の起草者 」)

 

◯「孤独なとき、人間はまことの自分自身を感じる。」
 (レフ・トルストイ、ロシアの小説家・思想家。『戦争と平和』、『アンナ・カレーニナ』)

 

◯「人生とは孤独であることだ。誰も他の人を知らない。みんなひとりぼっちだ。自分ひとりで歩かねばならない。」
 (ヘルマン・ヘッセ、ドイツの小説家、詩人。ノーベル文学賞受賞。『車輪の下』、『荒野のオオカミ』)

 

◯「意志もまた、一つの孤独である。」
 (アルベール・カミュ、フランスの作家・劇作家。ノーベル文学賞受賞。『異邦人』、『シーシュポスの神話』)

 

◯「多数に追随すれば必ず自分を見失う。孤独を恐れず、したいことを続けるしかない。」
 (安藤忠雄、建築家。「表参道ヒルズ」、「水の教会」)

 

「孤独」と向き合うことは、自分にうそをつかないために不可欠なことかもしれません。

広告を非表示にする