『出来事をどう解釈するかは自分次第』

 

私たちは自分の身に起こったことで

傷つくのではない。

その出来事に対する自分の反応によって

傷つくのである。

(「7つの習慣」、スティーブン・R・コヴィー)

 

 

出来事を、マイナスに解釈するのも、プラスに解釈するのも自分次第です。

そして、その解釈は未来を大きく左右します。

 

この事実を認めることは何よりも大切です。

『今日の私があるのは、過去の選択の結果だ』

 

今日の私があるのは、

過去の選択の結果だ。

(「7つの習慣」、スティーブン・R・コヴィー)

 

 

誰かではなく、

過去の自分が今の自分を作っているという事実を受け止めることは重要です。

その事実を認識しない限り、変わることはできません。

『QOLを高めるために』

 

主体性のある人は、

自分の行動は、

状況から生まれる一時的な感情の結果ではなく、

価値観に基づいた

自分自身の選択の結果であることを知っている。

(「7つの習慣」、スティーブン・R・コヴィー)

 

 

自分自身の行動、それに伴う結果に対して、

自分自身の選択の結果であると思えるかどうかは、

QOLにも大きく影響すると思います。

どんな結果であっても、

それが自分自身の選択の結果であれば、

改善しようという未来に意識が向かうようになります。

一方、いわゆる「他者のせい」という意識を持っていると、

いつまでも過去にこだわり続けることになります。

どんなに頑張っても過去を変えることはできません。

 

変えることができないことよりも、

変えることに意識を向けたほうが、

QOLを高めることができると思います。

『感情の変化を抑えることは無駄なエネルギーの消費を防ぐことになる』

 

自分の身に起こること、

すなわち受ける刺激と、

それに対する反応との間には、

反応を選択する自由もしくは能力があった。

(「7つの習慣」、スティーブン・R・コヴィー)

 

 

どんな出来事であっても

その影響は自分で決めることができるということを

忘れてしまっている人は少なくないと思います。

このことを意識するだけで、

出来事に一喜一憂することが少なくなり、

感情の変化を抑えることができるのではないかと思います。

感情の変化をできる限り少なくすることは、

やるべきことを淡々と進めるうえでも大切なことだと思います。

 

『人間のみに与えられた特権』

 

人間を人間たらしめているのは、

感情でも、

気分でもない。

思考ですらない。

自分の感情や気分や思考を

切り離して考えれることが、

人間と動物の決定的な違いである。

(「7つの習慣」、スティーブン・R・コヴィー)

 

 

何か出来事が起こった時に、

反応的にならずに、

自分の思い通りに解釈し直すことができるは、

人間だけに与えられた特権です。

その特権があることを、

認識することはとても大切であると思います。

『他人の扉を外から開けることはできない』

 

説得されても

人は変わるものではない。

誰もが変化の扉を固くガードしており、

それは内側からしか開けられない。

説得によっても、

感情に訴えても、

他人の扉を外から開けることはできない。

(マリリン・ファーガソン

 

 

自分が変わりたいと思わない限り、人は変わることはありません。

「変わりたい」と思うきっかけに出会うことができるかどうかは

人生にとってとても大切なことだと思います。

そのためにも、「外に出る」ことは大切です。

 

『成果と能力のバランス』

 

真の効果性は二つの要素で成り立っている。

一つは成果、

二つ目は、その成果を生み出すための

資産あるいは能力である。

(「7つの習慣」、スティーブン・R・コヴィー)

 

 

「成果」と「それを生み出す能力」では、

「成果」に着目することのほうが多いように感じます。

だからこそスキル本が売れるのだと思います。

ただ、「生み出す能力」も大切であり、

むしろ、「能力」を高めない限り、「成果」は期待できないことから、

「能力」の方が大切だと思います。