『機が熟したアイデアほど強力なものはない』

 

機が熟したアイデアほど

強力なものはない。

ビクトル・ユーゴー

 

 

どんなに素晴らしいアイデアでも、

機が熟していなければ、

形になることなく消えてしまいます。

何事においても、機が熟すまで待つことも時には大切です。

『生産性を改善するために』

 

人々は、

自分のもっている技能や能力が生かされ、

価値観や態度を表現でき、

自分の納得できる役割や課題を

引き受けさせてくれるような環境を求める。

(ジョン・L・ホランド

 

 

やりがいを感じることができる環境を

誰もが求めています。

自分の力を自然に発揮できる場所で、

誰もが働くことができれば、

生産性は劇的に改善すると思います。

 

 

http://www.koyoerc.or.jp/assets/files/349/07.pdf

 

『未来を変えるために』

 

キャリアは、

一時点での出来事や行為、

あるいは現象を指す言葉でなく、

必ず、「時間的な流れ」「時の経過」

が内包されている 言葉である。

(渡辺三枝子)

 

 

自分自身のキャリアを考えるときには、

過去、現在、未来という時間の流れを意識することが大切です。

「ある日、突然」ということは起こりません。

現在は過去の続きであり、

未来は現在の続きです。

もし、未来を変えようとするのであれば、

過去と未来をつなぐ、

現在を変える必要があります。

それなくして、未来を変えることはできません。

『人との関わり』

 

自分はこれが好きだと思い、

自分はこれを職業にしたいというものを

発見させるのが、

教育の主眼のひとつであろう。

本田宗一郎

 

 

自分は本当に何が好きなのかに気づき、

それを一生の仕事にするべく歩むきっかけを与える。

出会った人とそんな関わりができるようになりたいと思います。

 

『目標へ到達しようと努力することが人生を豊かにする』

 

 

人間は、目標を追い求める動物である。

目標へ到達しようと

努力することによってのみ、

人生が意味あるものとなる。

アリストテレス

 

目標へ到達しようと努力をしているだけで、

気分が前向きになります。

目標は達成するだけではなく、

その達成に向けたプロセスでも、

人生を変えてくれます。

 

『人生に失敗はない。失敗と見える出来事があるだけだ』

 

人生は、

不成功のまま終わることはありません。

そもそも、人生に失敗などないのです。

(ジェームズ・アレン)

 

 

この言葉のあとには、以下の言葉が続きます。

 

 誰にも、人生の部分的な失敗はつきものです。

 しかし、そうした失敗は、人生全体をもっと強く完璧にするために

 自分の弱さや未熟さが、一連のできごとと関係して

 引き起こしているものだと考えるべきでしょう。

 

ただ、人生に失敗などないと考えると、

一見、失敗に見える出来事があるだけと感じます。